家の固定電話を使うのは、実家にかけるか何かしらのお尋ねで企業の

サポートセンターにかけるくらいしかないのんちです!

テレホンカードが眠っているならとっとと活用してしまおう



携帯電話が出るまではテレホンカードって必ず持ってたし、いただく機会も
多かったけど、これだけ携帯電話が普及してしまったらまず出番が無いわね。
昔のテレホンカードがまだあるっていうお宅も多いんじゃないかしら。


そこで今日はテレホンカードの活用方法について3点書くわね。

テレホンカードをNTTの通話料の支払いに充てる方法

意外と知らない人が多いんだけど、新品のテレホンカードは
NTTの通話料金として使えるのよ。

方法は簡単で、NTTの無料電話116に電話してテレホンカードを
通話料金の支払いに充てたいと言えば申請用紙を送ってくれるから、
それに必要事項を記入してテレホンカードと一緒に送るだけ。
そうすると手続きが済んだあと毎月の通話料金分を、送ったテレホンカードの
金額分差し引いてくれるの。


送ったテレホンカードの金額分を使い切るまで通話料金の支払いに充当してくれるから
家にある要らないテレホンカードを全部送っても大丈夫。


2つ補足しておくと、基本料金には充ててくれないのよね。
あくまでも通話料金の支払いに充当しますってこと。
それからテレホンカードは丸々金額分じゃなくて手数料が引かれるの。
1枚につき50円引かれるから、50度数(500円)なら50円引かれて450円、
100度数(1000円)なら50円引かれて950円と言う計算になるんだけど、
使わないものを持っているくらいならこうやって通話料金に充てて
少しでも電話代の支払いを節約した方がいいわよね。


テレホンカードが山ほどあるのなら、だいたい毎月の通話料金が
いくらくらいなのか調べて、例えば1年分くらい送っておこうとか、
2年分くらいにしておこうとか大まかに計算して
その分のテレホンカードを送ってもいいかもね。

フリマアプリで要らないテレホンカードを売ってしまう

フリマアプリとは何ぞや?と言うお話は下記を読んでね。


フリマアプリを使ってお気軽に不用品を出品


↑ ここで紹介したフリマアプリに出品してみるのも手です。
アプリ内で「テレホンカード」で検索して他の人がいくらくらいで出品しているかを
調べてからだいたい値段を合わせるかちょっと下げるかして出してみるといいよ。


フリマアプリの場合はいつ売れるかが全く予想がつかないから、
もしかしたらお金に変わるのはずいぶん後になってしまうかもしれないけど、
テレホンカード自体家に置いておいても場所を取るものでもないし、
まず家に固定電話が無いとか、あっても全く電話はかけないなんて人は
NTTの支払いに充てるのにはあまり魅力を感じないかもしれないので
売れたらラッキ~くらいでまず出品してみるといいかもよ。

金券ショップやリサイクルショップで売る

いくらでもいいから早くお金に変えたい!って人はこれが一番簡単で
手っ取り早い方法。
その代り金券ショップやリサイクルショップの買い取り価格は
ほとんどのお店が50度数で100円だからね。
ネットで調べても最高は120円だったわ。
でもネットの売買だと送料がかかる事もあるからそこは気を付けてね。


10年前ならその4倍(400円)くらいでは買い取ってくれてたんだけど、
今はもう需要もないからね。買い取り額もずいぶん下がっちゃったわね。
金券ショップでテレホンカードを買う人は、おそらくNTTの通話料の支払いに
充てようという人なんじゃないかとわたしは想像してる(笑)


逆に言えばあえて金券ショップでテレホンカード買ってNTTの通話料にあてる
というのも賢い節約方法ってことよね!

テレホンカードの活用方法のまとめ


結局のところ、NTTの通話料金が毎月数百円でもかかっている人は、
NTTにテレホンカードを送って通話料金に充ててもらうのが
一番お得な使い道だと思うわ。


金額的に見れば
NTTの通話料>フリマアプリ>金券ショップ
こういうことになるわね。


すぐにお金に変えたいのか、お得に節約したいのか、枚数が多ければ
両方やってみることもできるから、状況に合わせて活用方法を考えてみてね。



使用済みテレホンカードの使い方として、レンジフードとかガス台の油汚れを
そぎ落とすって使い方ができるのよ。
油汚れを落とす洗剤をかけて油が浮いてきたらテレホンカードでグ~とそぎ落とすと
きれいに取れるらしいわよ。まめ知識でした!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね