プロ野球が始まって毎日一喜一憂ののんちです!

はがきや年賀状、かもめ~るの有効活用


最近は手紙を書くことも少なくなってしまったわね。
特にはがきでお便りを送ることもわたしはめっきりしなくなったわw
なんとか年賀状だけは頑張って送っているけど、それも年々少なくなってきてるし。


だけどなぜか年賀はがきを買う時、100枚とか50枚とかまとめて買っちゃってたのよ。
で、とりあえず外せない人のは早めに書いて、あとは年賀状が来たら出すなんて事を
やってるうちに年々来る年賀状も減って、結局年賀はがきが余ってるという始末。


毎年こんな感じだったからいつの間にか50円の頃の古い年賀はがきが溜まっちゃってたのね。
それに加えて書き損じも。
それで、使わない普通はがきや年賀はがき、書き損じのはがきをどう有効活用してたかと言うと

ゆうパック料金に使う



わたしはメルカリとかアマゾンとかで要らないものを売ってるから
それを送る時に不要のはがきを使って支払ってた。
例えばゆうパック代が400円だとしたら50円のはがきを8枚(400円分)と40円の
手数料を払えばいいってこと。
はがき1枚につき5円の手数料が取られるんだけど、使う現金は減るし
余ったはがきはさばけるしでとっても得した気分よ。

切手やはがきに変える



わたしははがきも使わないからはがきに変えることはなかったけど、
82円や92円の普通郵便はたまに使うことがあるのよね。
だから切手に変えることもあったわ。

これもはがき1枚につき5円の手数料が必要なんだけど、この場合は手数料も引いた分の
切手に変えることができるから現金はほとんど必要なし。
郵便局の局員さんが一番得に買えるように計算してくれるから大丈夫よ。

金券ショップで売る


最近の金券ショップのはがき買取価格の相場は35円~37円というところ。
現金が欲しいのならこの方法になるわね。

はがきや切手の交換で注意が必要なこと


あまりうれしい話じゃないけど、年賀はがきを用意した後に
身内に不幸があって年賀状が出せなくなったなんてこともあるわよね。
そういう時は手数料無料で通常はがきや弔事用切手含む切手に交換してくれるよ。
ただ無料で交換できるのは年賀はがきの販売終了期間までなので注意してね。


基本的に年賀はがきやかもめ~るに交換する事はできないと思ってね。
それができるのは書き損じたもので年賀はがきやかもめ~るの販売期間中のみよ。

記念切手などの特殊切手には交換できない。

郵便書留やレターパック封筒、スマートレター封筒の特殊封筒は、
通常切手、通常はがき、郵便書留、特殊封筒と交換できるけど、
エクスパック封筒は通常はがきか通常切手のみの交換よ。

ちょっとややこしい話になったけど、手数料払えば何かしらには交換できるから
家に眠っているはがきや切手があったら是非有効活用してね!


プロ野球もいいけど高校野球の方が好き!
熱闘甲子園が始まるのが今から待ち遠しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね