週末に髪を切ったんだけど、月曜日職場に行ったら5人も髪を切ってきた人がいて
なんだか笑えたのんちです。みんな何か思うところがあったのかな。

フリマアプリを使ってお気軽に不用品を出品


フリマアプリと言うのは、スマートフォンやパソコンを使って売りたいものの写真を撮り
詳細を記入して出品するというもの。
最近流行ってきていていろいろなサイトがあるよ。

フリマサイトの種類

  • メルカリ
  • メルカリアッテ
  • フリル
  • ラクマ
  • ZOZOフリマ
  • フリマノ
  • ディーリング
  • ゴルフポット
  • オタマート
  • セルバイ
  • ジモティー


  • それぞれ特徴があるんだけど、登録や出品は無料。
    売れた時に売買価格の10%が手数料として引かれたり
    売れたお金を引き出すときにその金額の10%引かれたりするところが多いわね。
    消費税がかかったりもしないから明朗会計ってところも魅力かな。

    メルカリアッテとジモティ 直接取引のメリットとデメリット

    メルカリアッテジモティはそれ以外のフリマサイトとはちょっと違って、
    出品の仕方は他のフリマアプリと変わらないけど、
    基本的に直接手渡しで取引しましょうね、と言うのがコンセプトになってるの。


    だから家具や大型家電なんかの出品も多くて、取引が成立したら
    ベッドやソファなんかだったら軽トラとかで引き取りに行くのね。

    デメリットとしては、自宅での引き取り希望の場合は売る方は家を知られちゃう
    ということもあるけど、大きなものを廃棄処分するのにも数千円かかることを考えれば、
    取りに来てくれてお金まで貰えちゃう、もしくは無料でも引き取って欲しい場合は
    凄くメリットがあると思うわよ。
    「引っ越しするので貰ってください!」なんて方もたくさんいるからね。


    持ち運びができるようなものなら、近所のコンビニとか駅前とか
    できるだけ人通りがある場所を指定してそこで受け渡せばいいの。
    デメリットは顔を見られること、この辺に住んでるってことがわかることくらいで
    そんなに大したことでもないかと。わたしはこれまで何も問題はなかったわよ。


    その代りメリットもあって、自分の指定場所まで引き取りに来てくれるから
    時間の無駄がないし、お金もその場でもらえるからトラブルにもならないよ。


    出品したいものによってフリマアプリを使い分ける

    上にあげたように、現在はたくさんフリマアプリができてるけど
    わたしが知ったころはジモティとメルカリとフリルだったので
    それから始めたの。途中でメルカリの姉妹サイトとしてメルカリアッテが
    登場したからそれも追加して現在は4つのサイトに出品中。


    メルカリやフリルはファッション系や小物雑貨などが多いから
    それを中心に出品してて、ジモティやメルカリアッテは大きなものや
    かさばって値段の割に送料がかかってしまうものを出品してるわ。


    送料は自分負担にも購入者負担にもできるんだけど
    わたしが買う立場の時は送料がかからないものを選ぶから
    相手にとっては送料負担してあげた方が親切かなと思ってそうしてるんだけどね。


    そんな風に自分が売りたいものに合わせてフリマアプリを使い分けると良いと思うよ。
    ただ、たくさんフリマサイトがあるからといって全部に手を出すのはやめた方が
    いいと思う。


    なぜかと言うと、メルカリやフリルは売上金の出金は、1万円以上だと
    振り込み手数料が無料になるのね。
    だからあまり分散しちゃうとなかなかそこまでたどり着かなくて出金できない
    もしくは手数料を取られちゃうってことになっちゃうからね。


    それと、売上金で他の出品者の商品を買うこともできるから、
    自分が買いたいものが多くありそうなサイトに絞っておくと
    無駄が少なくなるよ。

    さらに2017年7月時点では、フリルは販売手数料無料なのよ。
    メルカリでは10%取られちゃうからその辺もよく考えてね!



    髪を切ると「失恋」と昔はよく言ってたわね。
    何かを吹っ切りたい!気分を変えたい!ってところから来てるんだろうけど
    髪切るたびに失恋だったらわたしのガラスのハートは粉砕状態だわ。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! してね