久しぶりに東京タワーの展望台に行ってきたのんちです!

片付けても片付けてもすぐ散らかる。
何故片付かないのかわからない。
って方はこちらの記事も参考にしてね。

⇒ 節約と断捨離は正反対の行動だと思っているとしたら要注意ですよ

節約は必要なものを大切に使う事。断捨離は必要ないものを手放す事

以前書いた記事で、わたしは節約と断捨離をこう定義付けたの。
そうすると何をしなければいけないかが明確にわかるわよね。
そう。
必要か必要ないかを判断すること


そう言うとこんな声が聞こえてきそうよね。
「それくらいわかってる」
「それが簡単にできれば苦労しない」ってね。

その気持ち本当に良くわかるわ。
だってわたしだって全然できなかったから。

でも本当は自分でも、これが日の目を見ることはないだろうとか、
捨てることができたらどんなに清々するだろうってことに
薄々気づいてるのよね。
違う?

「いつか使うかもしれない」時はまず訪れない事を自分に言い聞かせよう

いつか使うかもしれない」と思って大切にとってあるものを本当に使う時があった?
使う時があったのなら、今はもう手元に無いってことよね。
もしくはいくつもある中の一つは使ったよ、って場合は、
それくらいの頻度でしか出番が無かったってことよね。

わたしの経験から言えば、箱とか紙袋とかサンプルやおまけで貰ったものとか
子どもが学校で使ってたファイルとか、まだ白い所がたくさん残ってるノートとか
何か作ろうと思って買った生地とか、使わなくなったガラ携、数年来ていない洋服、
サイズアウトした主人のスーツ、一人30足くらいある靴下、
履き心地が悪くて履かないけど履かないからきれいなままの靴とか、
焦げ付くようになったから買い換えたのに捨てないフライパンとか、
雑巾にして使い捨てしようと思ってるタオルとか、
スーパーのお刺身についてたワサビや醤油とか
お弁当についてた割りばしとか、、、、。

もう言うのも恥ずかしいくらいいろんなものを取ってたわ。
もちろん途中で捨てたりもしたのよ。
でもせっかく捨てた分をまた取っておいたりするから結局何にも変わらなくてさ。

それからこんなこともあるから困りもんなのよ。
ここにこんな大きさの箱が欲しい、と思ったときに取ってあった箱がピッタリだったり、
ここに布を引きたいと思ったときに取って置いたハンカチがピッタリだったりすることが
たま~~~~にあるのよ。オリンピックくらいの周期でね。
そんな時は「ほらね~」って取って置いたことを正当化してしまうの。

結構な頻度で使ってればいいのよ。
ワサビだって割りばしだって使うんだったらいいのよ、別に。

でもね、数年に1度しか使わないようなもの、本当に取って置く必要があると思う?
必要になった時に買えば済むようなものじゃないの?
いやその前に本当に買う必要があるかをもう一度考えた方が良いんじゃないの?

我が家は賃貸マンションなんだけど、そんな活躍するかしないかもわからないようなものの為に
家賃を払ってるようなものなのよ。
必要のないものに家賃を払ってあげて、自分たちは散らかって片付かないリビングで過ごしてるのよ。
これが生々しい現実だった!
そう思うとばかばかしくて我慢できなくなってわたしの断捨離が始まったの。

そして捨ててしまったあとにやっとわかるわよ。
「無くったってなんにも困らない」ってことにね。

断捨離でものを捨てることがどうして節約になるのか

断捨離はものを捨てる事だから節約とは逆行する行為なんじゃないの?って疑問がわくわよね。
断捨離の判断基準は「使えるか使えないか」ではなく
「使っているか使っていないか」で決めるのがポイント
なのよ。

もう一度言うわよ。
「使っているか使っていないか」だからね。
ここ重要ですよ!!

「使えるか使えないか」を判断基準にすると結局「いつか使うかも」に逆戻りするんだからね。

で、使っていないものをバッサリと処分した時のメリットは

  • 何がどれだけどこにあるかがちゃんと把握できるようになる
  • これだけしかないとわかると物を大事に使うようになる
  • 探し物や片付けで無駄な時間や無駄な電気代を使わなくて済むようになる
  • 部屋がきれいになると物を増やす事に抵抗感が出てくる
  • 綺麗な部屋を維持する快感を味わうと余計な買い物をしなくなる


  • よって、結果
    節約につながる
    と言う方程式が成り立つわけね。

    スポンサーリンク

    まずは手軽な所から断捨離をしてみよう!行動からしか何も生まれないよ

    ってことで、これからはこれまでにやってきた断捨離や片付けの様子を少しずつ公開していこうと思ってるの。
    「偉そうに言ってるけど実際やってるの?」って思われるのもなんだからね。

    洗面所の片づけをやって気分すっきり!の写真公開中!

    洗面所は家族全員が使うところだから、それぞれの好きなヘアケア用品や
    スキンケア用品が置いてあったりして乱雑になりがちよね。

    しかも毎日使うところだから、何も置かないようにするとちょっと不便だしね。
    ということで片づける前の我が家の洗面所はこんな感じでした。


    洗面所Before

    置けるスペース全部に物が置いてあったのよね。
    しかもハンドソープ、歯磨き粉、ヘアトリートメントが全部2種類ずつあったし
    歯ブラシなんて5~6本あったんじゃないかな。
    あ、実はうちには洗面台がもう一か所あって、歯ブラシはほとんどそっちに置いてあるの。
    なのに、何故か使ってない歯ブラシがたくさん挿しっ放しだったのね。
    今見るとズボラ過ぎてほんと恥ずかしいわ。

    という事で要らないものを全部捨てて、子どものものはサイドの棚に入れて
    最小限のものだけ残した結果がこんな感じ。


    洗面所After

    どうかな、ずいぶんすっきりしたと思うんだけど。

    洗面所の棚や洗面台の下は、整理すると結構スペースが空いたのね。
    空っぽの容器、使わないアメニティグッズなんかを捨てただけでもスーパーの袋いっぱいになったからね。
    どんだけ無駄なものを抱え込んでたかってことね。

    そして空いたスペースには、表に出てた洗剤なんかをしまったから、洗面所自体もすっきり片付いたの。
    毎日使うものは出した後しまうのが面倒になるのよね。
    だからすぐにそこいらに置きっぱなしになってごちゃごちゃしてくるので
    整理整頓した後は、使ったものは必ず元あったところに戻す
    当たり前なんだけど、これを習慣にしていくことが肝心よ。

    自分はできるけど家族が・・・・って怒りもあるかもしれないけど
    そこは協力を呼びかけるか、さっさと自分で片づけてしまいましょう。
    どっちにしてもきれいに整頓された洗面所は家族にとっても気持ちいいことは間違いないからね。

    本気で片づけをすると、捨てるものが多いほど達成感が湧いてくるもの。
    思い立ったが吉日!
    本気断捨離の日を決めて、どこを片づけるかを決めて、あとは行動あるのみよ!
    検討を祈ってるわよ。
    片づけして気分良くなったら是非教えてねぇ~

    この記事が気に入ったら
    いいね ! してね