高校野球の予選が始まってウキウキののんちです!

さてさて、先日わたしがどんな感じでアマゾンの詐欺に遭い、詐欺だと気づいたポイントを
まとめた記事を書いたんだけど、今日は返金してもらうためにやった対応方法をまとめるわね。
読んでない方はこちらの記事も参考にしてね。

⇒ アマゾン(amazon)で詐欺に遭った。詐欺の手口を全公開!

アマゾンで騙された出品者の評価を確認してみたら・・・

わたしは騙されたと気づいてから出品者の評価を確認したんだけど、その時の評価の一部がこれよ。


詐欺の手口はわたしと同じ感じよね。
この出品者は2017年5月から評価があって、32件全部が詐欺報告のものだったわ。

先にこれを確認していれば絶対に買わなかったのに!!
みなさんは購入前に出品者の評価を必ず確認してね!
評価が良くても古いものばかりだと危険らしいのでそこも注意した方がいいみたい。

amazonマーケットプレイス保証での返金手続きの流れ

アマゾンマーケットプレイス保証と言うのは、
商品が違っていたり、破損していたり、届かないという時に
出品者に連絡をとっても出品者が返品・返金に応じないような時、
最高30万円までアマゾンが保証しますよっていう制度なの。

メルカリやフリルなんかのフリマサイトでもこういう保証があるんだけど
やっぱり水知らずの見えない相手にお金払うんだから、
リスクもあるし、こういう保証制度はありがたかったわ。

amazonマーケットプレイス保証の申請条件が整っているか確認しよう

アマゾンマーケットプレイス保証を申請するためには、
クリアしてなきゃいけない条件ってのがあるのね。


ここに書いてあるように、

  • お届け予定日を3日過ぎたか注文日から30日過ぎても商品が届かない
  • アマゾンのマイページから出品者に何かしらの連絡を入れた
  • 出品者に連絡をして2日経っても返信が来ない
  • この条件を満たしていれば、アマゾンマーケットプレイス保証の申請ができるのね。

    簡単にまとめると、待てど暮らせど商品が届かないときは、まず出品者に連絡を入れて
    出品者からなんの返事も来なかったら申請していいよ
    、こういう事ね。

    amazonマーケットプレイス保証に申請しよう

    申請までの条件が整ったら、アマゾンに連絡よ。


    赤丸の「マーケットプレイス保証を申請」をポチ。
    そうしたらどんな画面でどんな項目があったかもう見られないからわからないんだけど
    別に難しいことじゃないから書いてある通りにやってみてね。

    するとこんな感じで時系列で進行状況が見られるようになるの。


    この画像は全てが終わった後の事なんだけど、
    5/1に注文して、5/16に出品者にメールを入れて、5/19にマーケットプレイス保証申請したら
    同日にアマゾンギフト券で全額払い戻しがあったってこと。

    払い戻しは確かアマゾンギフト券でもクレジットカード会社からの払い戻しでも
    選べるようになってたと思うけど、私の場合は金額が小さかったし、
    またアマゾンで買い物する予定もあったからアマゾンギフト券を選んだのね。

    クレジット会社からの払い戻し(チャージバック)もアマゾンが直接カード会社と
    やり取りしてくれるらしいけど、いつ払い戻されるかはクレジットカード会社によるもので、
    意外と時間がかかるみたいなので、アマゾン利用者ならアマゾンギフト券の方が手っ取り早いのかもしれない。
    そこはご自分の判断でやってくださいね。

    スポンサーリンク

    アマゾンだけじゃない。詐欺に遭わないためのまとめ

    これで一応金銭的には解決したんだけど、この出品者には発送の為に
    わたしの個人情報が手に渡っちゃったってことだからね、そっちの方が気味悪いわよね。

    という事で、節約や貯金のブログを書いてるのに、なんで急にアマゾン詐欺の話なんだってことだけど、

    やっぱり世の中そんなにおいしい話は転がってないってことよね。
    わたしは「安い」だけの理由で飛びついちゃったわけだけど、
    やはり安いには安いだけの理由があるのよ、ちゃんと。

    別に詐欺じゃなくても、スーパーで半額のものは賞味期限が少ないわけだし、
    バーゲンセールならシーズン終わりや来年はトレンドじゃなくなってたりで
    身につける期間が短くなってしまうし、ただで卵が貰えるよって行ってみたら
    高いお布団を買う羽目になる催眠商法だったり。(← これは詐欺に近い)

    だから安いものには飛びつくなってことじゃなくて、
    「なぜ安いのか」をちゃんとわかって納得の上で買うようにしないといけないよね。
    もしくは騙されてもいいやくらいの覚悟を持つかね。

    それから今回のように怪しさを感じたとしたら、
    人に相談するなりネットで検索するなりして情報を取る習慣も大事よ。

    今回のアマゾンでの詐欺事件を経験してわたしが習得したことは、
    安さだけで飛びついて、返金までの間、精神的にも時間的にもかなりロスしたのよね。
    要は「無駄な労力と時間を費やしてしまった」の。
    ここで「大丈夫かな?」「なんか怪しくない?」と思えたら
    結果は全然違ってたと思うのよね。

    みなさんもお得に目がくらんで判断力を失わないように気ぃつけなはれや!

    この記事が気に入ったら
    いいね ! してね